印鑑

素材や書体等とことん印鑑にこだわる人は専門通販ストアをチェック

通販で購入可能な印鑑と基本的な種類について

現代は何でもネット通販で購入可能な時代ですが、印鑑についても同様です。簡単で格安に購入することができることから、店舗で購入するよりも人気となっています。ところで、一口に印鑑といっても個人が使うものは用途に合わせて主に3種類があります。すなわち「実印」「銀行員」「認印」です。それぞれの違いについてきちんと理解しておくと必要があります。
まず「実印」ですが、これは通常個人印の中でも最も大切なものとして位置づけられます。市区町村役場に登録して印鑑証明を発行してもらったもので、サイズは8ミリ以上25ミリ以下、材質は欠けにくい頑丈なもの物で、中の文字は姓名でも良いですし、性のみだけあるいは名のみでも実印として登録可能です。実印を使うシーンというのは、様々な契約書や申込書などの正式な書類への捺印をはじめ、あらゆるシーンで使うことができます。
それに対して「認印」は登録していないもので、日常のそれほど重要ではないシーンで使うことが多いです。「銀行印」は金融機関の出納に使用します。通販で購入する場合、横書きとなることが多いです。これはお金がたてに流れていかないようにと言う意味が込められているようです。
これら「実印」から「銀行印」、「認印」まですべてネット通販で気軽に購入することができます。

menu